超ミネラル水・神源水をお得に買いたいなら通販ショップしずやへ

超ミネラル水・神源水は大自然の恵みにより生まれました!

神源水(しんげんすい)は、不足しがちなミネラルの補給のために作られました。

原料は腐食花崗岩(ふしょくかこうがん)であり、自然風化で細かくなっています。

普通の岩石の花崗岩のように固い岩石ではありません。

これを濃硫酸(のうりゅうさん)で溶かしてミネラルを抽出(ちゅうしゅつ)しています。

含まれる成分は鉱物ミネラルで、重金属による特殊な微量元素(びりょうげんそ)も含んでいますが、毒性のある重金属は無視できるほど微量です。

カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・鉄・亜鉛・アルミニウム・マンガン・銅・ニッケル・コバルト・モリブデン・セレニウム・シリコン・ゲルマニウム・リチウム・バナジウム・タングステン・チタン・ルビジウム・リン。

このなかで比較的多く含むが無害とされるチタン・バナジウムなどが超ミネラルと呼ばれるゆえんであります。

もともと人間の体には、体を治すシステムが備わっているのです。

ですが、現代の人たちは普段食べている物から体が働けるだけのミネラルが摂れなくなっていると言われています。

ミネラルが不足すると免疫(めんえき)バランスがくずれ、ガンやアレルギーなど体に異常が出やすくなります。

ミネラル補給を食品で簡単に摂りたいなら神源水は最適でしょう。

当店情報

  • 初回限定で、ただいまサービス中です!

    超ミネラル水・神源水(500ml)1本を当店を初めてご利用の方に初回限り、特別価格でお買い上げいただけます!

ミネラルの働きについて…

自然界には、約100種類の元素が存在しているといわれています。
人間の体内にもこれらの元素が食物を通して入ります。

この中の元素が1つ欠けても健康は守れないといわれています。
私たちの体に含まれる中で、水素、酸素、炭素、窒素の4つで全体の96%を占めます。

主要ミネラルと云われるのは、ナトリウム、カルシウム、リン、カリウム、硫黄、塩素、マグネシウムの7つです。

その他に微量ミネラルと云われているクロム、マンガン、鉄、コバルト、亜鉛、セレン、モリブデン、ヨウ素などは1日の必要所要量が100mg以下です。

近年見つかったミネラルでバナジウム、フッ素、ケイ素、ニッケル、ヒ素、スズなどもミネラル成分の中の必須微量元素(ひっすびりょうげんそ)と云われています。

生体中にミネラルは、含有量としてはわずか4%ですが、体内の触媒(しょくばい)的栄養素として欠くことのできない大事な栄養素です。

ミネラルの働きは、食物の消化、吸収、老廃物(ろうはいぶつ)の排出、体内の酵素の活性化を助けたり、体内の体液量や酸・アルカリの調整など多くの仕事をします。

ミネラルが不足すると・・

ミネラルが不足してしまうと、ビタミンやホルモンの生成が十分にできなかったり、糖質、タンパク質、脂質などの栄養素をうまく体内で分解、吸収、消費できなくなり、さなざまな障害を引き起こすことになります。

いくら栄養素豊かな食事を摂ったつもりでも、ミネラルが不足していると、実際には体内では、あまり栄養素が役立っていないことがあります。

ビタミンが体内で働くためには、ミネラルは不可欠です。

ビタミンが不足すると・・

ビタミンCが不足すると、

  • 慢性(まんせい)的に疲れ、体がだるい。
  • 食欲がなくなり、あまり食べたくない。
  • 落ち着きがなくなる。

ビタミンDが不足すると、

  • 便秘(べんぴ)がちになる。
  • ひきつけが起こりやすい。
  • 骨が弱くなったりする。

ビタミンCは鉄の吸収を3倍高め、カルシウムは、ビタミンDとマグネシウムがないと吸収されません。

ミネラルの中には、鉄のように血中のヘモグロビンやミオグロビオビンの主成分となり、酸素を運搬したり、神経伝達や筋肉収縮を担う(になう)など、生命維持に不可欠な元素もあります。

欠乏すると、直接発病の引き金となったり、生命維持が困難の場合もあります。

ミネラルの重要な働きは、酵素の働きを助けることにあります。

体内で消化、吸収、排泄(はいせつ)などの代謝を担っているのが酵素です。
この酵素はミネラルがなくては働けない。

生命を維持するエネルギーを作ったり、皮膚(ひふ)や臓器の新陳代謝(しんちんたいしゃ)を行ったり、体内でおこる化学反応の全ては、酵素なしにはできません。

ガン、糖尿病、高血圧、ぜん息、アトピーなど慢性病の90%以上に関与するのが活性酸素(かっせいさんそ)という。
体内に取り入れられた酸素の2%ほどの悪玉酸素の存在です。

この活性酸素を無毒化できれば慢性病は防げるといわれます。
この活性酸素を中和・無毒化するのがスーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)といわれる酵素です。

この酵素がないと、内臓や器官はこの活性酸素の攻撃を受け、細胞に老化や炎症(えんしょう)が起こり、様々な病気が発生することになります。
このSODもミネラルがないと働けません。

ミネラルの生命維持に欠かせない4つの働き・・

(杏林予防医学研究所 山田豊文所長)

「酵素がどれだけ正常に働いているかが、生命力や体力を決定づけると言っても過言ではなく、酵素のもつ力を十分に発揮するための手助けとなるのがミネラルです。」

1.ミネラルは体の組織の成分になる。

カルシウムやリンは骨や歯、鉄は血液の材料に、発育や新陳代謝に欠かせないホルモンの原料はヨウ素であり、体の大事な組織の構成成分となります。

2.ミネラルは体の浸透圧の調整をする。

全身の細胞はおよそ60兆個で構成されている。
この細胞は、血液や血漿(けっしょう)からなる体液に浮かんでいるのですが、この体液には外液と内液があり、これを隔てているのが細胞膜(さいぼうまく)です。
この細胞膜から血液で栄養素が運ばれたり、細胞内の老廃物が排出されたりしています。
この体液の濃度の違いが浸透圧であり、この浸透圧の違いによって、体液が移動している。

細胞外液に多いナトリウムと、細胞内液に多いカリウムが浸透圧の調整をしている。
例えば、ナトリウムを多く摂り過ぎると、細胞外液の濃度が高まり、血液が増えて血管を圧迫、血圧を上昇させ、むくんだりします。

逆にカリウムが増えると、細胞内液が増え、血圧が安定したりする。
ミネラルは、この浸透圧を調整する働きがあるという。

3.ミネラルは酵素の働きを補助します。

酵素反応に大きく関わっているのが、マグネシウムと亜鉛です。

造血(ぞうけつ)や骨、血管の代謝に関わっているのが銅であり、鉄をヘモグロビンに合成する働きがあり、皮膚や血管の弾力性を保つコラーゲンやエラスチンを合成するという。
生命を維持するための化学反応はすべて酵素が行っている。

酵素が十分に活躍するためには、ミネラルの助けが必要です。
ミネラルなしに酵素の存在はありません。

4.ビタミンの働きを助ける。

ミネラルは、体内含有量は全体の4%ながらとても大事な働きをします。
健康維持には欠かせません。

・ミネラルはビタミンの働きを助ける。
・体液や血液をアルカリ性に保つ。
・体内の老廃物を除去する。

*山田所長の勧める食養生・・

マ(豆・豆腐類)・ゴ(ゴマ)・ワ(ワカメなどの海草類)・ヤ(野菜)・サ(魚)・シ(椎茸などの茸)・イ(芋類)

これらを日常的に摂れば、ビタミン・ミネラルがバランス良く摂れる。
しかもアルカリ性食品なので、消化もよく、牛乳製品、肉類、卵、砂糖などの酸性食品がないので、ミネラルバランスを狂わせることがないです。

これに発酵食品(はっこうしょくひん)である味噌汁や玄米などを加えれば、理想的な食生活です。

残念ながら、今日の野菜や果物からはビタミン・ミネラルが枯渇(こかつ)しているといわれています。

微量ミネラルとして神源水を補充すれば、酵素を活性化し、代謝を促進することが可能です。

  • とても不思議な水(ミネラル水)です・・

    超ミネラル水・神源水はなんだか元気が出ない、疲れやすい、カゼ気味かなと思う時、チョット飲んでみると元気になります。

    水(ミネラルウォーター)なのに2リットル1本=10,800円(定価)もして、高価過ぎではないかと思われるかも知れませんが、ご愛飲される多くの方に喜んでいただいています。

  • 認定シールについて・・・

    最近、防災の観点などからも「ミネラル」「ミネラル水」への関心が高まっております。
    併せて「超ミネラル水」への関心も高くなっています。

    「神源水」をご利用のお客様、ご利用になっていない方などから「超ミネラル水」についてお問合せをいただくことがございます。
    「認定シールが無いものは類似品です」などと言って販売されているサイトなどもあったりして・・。

    「認定シール」はあくまでもその会社の「認定シール」であり、他の「超ミネラル水商品」とは関わりのないことです。
    ましてや、「類似品」ではありません。

    超ミネラル水・神源水は10年以上過ぎて多くの方にご愛用され、健康管理に役立っております。

    商標登録」もされていますし、品質の分析試験も随時受けています。

    どうぞ、ご安心してご利用ください。

超ミネラル水と名付けられたミネラルウォーターです

超ミネラル水・神源水は不足しがちなミネラル、その中でも最も重要で微量な金属ミネラルを摂るための飲料水です。
体の錆(さび)を取り除く水・・還元水(かんげんすい)として老化を防ぎ、元気を取り戻します。

生物の体内では様々な反応が起こり、生命活動を行っています。
これらの反応には触媒(しょくばい)として酵素が関与しています。

酵素とはタンパク質の一種です。
酵素の構造を安定化させ、酵素の活動の中心となる重要な働きをするのが金属元素です。

⇒全ての酵素のうち1/3には金属ミネラルが不可欠といわれています。

ミネラルを摂ることにより、身体が活性化して、若返り、元気になります。
西洋医学だけで健康を守るのではなく、自身の免疫力(めんえきりょく)を上げると元気に生きやすくなれるでしょう。

病気の人は元気になり、健康な人は病気にならないように、毎日ミネラル補給をしてみると体が喜ぶと思います。

ミネラルは私たちにとって必要不可欠です。

ミネラルとは「身体に必要な金属元素」です。
タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンを五大栄養素といいます。

なかでもミネラルだけは私たちの体内では作り出すことができません。
私たちにとって、欠かせないものであり、もし欠乏(けつぼう)すると特有の病気(生活習慣病など)になったり、死にいたる障害が起こることが明らかになっています。

大事なミネラルは体内で作り出せないので、外部より摂取するしかありません。
本来は食べ物でお体に摂ることが理想です。

しかし、現代では様々な事情から食べ物自体のミネラルが少なくなっていると言われています。
農作物も鉱物ミネラルを含んでいます。
ですが非常に微量です。

理由は、農薬、化学肥料、酸性雨、環境ホルモンによる土壌汚染(どじょうおせん)で表層(ひょうそう)が汚れてしまい、生命力を失っているからです。
ですから、鉱物からのクリーンなミネラルが役立ちます。

植物が土壌からミネラルを時間を掛けて吸収し、動物はそれを食べることによって体内に取り入れます。
しかし、最近の野菜に含まれるミネラル含有量は10年前の1/3〜1/10といわれております。

これは化成肥料を多用する現代農法の落とし穴で、微量成分を補給することなく、また時間をかけずに多収のみを目的とした栽培(さいばい)の結果であると思われます。

ミネラルと健康

動物は人間に飼われるので、ミネラルやビタミンなどの栄養素をバランスよくたっぷり含んだ餌(えさ)を食べさせられるので病気をしない。
人間は好き勝手な食事をしているので栄養素を十分に摂りきれない。

ミネラルを十分に摂れば病気になりにくくなり若返ります。
人間の体は3,000個位の精巧(せいこう)なコンピューターの塊り(かたまり)でできているといわれます。

必要な栄養を補って、体本来の機能を持ち、ベストな状態に、病気のない豊かな人生を手に入れましょう。

スーパーストアーやコンビニでも、いろんなミネラル水を販売しています。
有名な温泉のお水、富士山のバナジウム水や阿蘇の天然水とか各地から特徴(とくちょう)のあるミネラルウォーターがたくさん出ています。

ミネラルは、人体の代謝に深くかかわり、健康を維持するための重要な働きをすることは解明されてきました。
多くの人々のお悩みでもあり、長寿社会(ちょうじゅしゃかい)を元気に自分の力で生き抜くためには生活習慣病と言われる癌(ガン)や糖尿病(とうにょうびょう)・心疾患(しんしっかん)などを予防できる生活習慣を持つことが大事になってきました。

ご病気になると介護される側も、介護する側も大変辛いことになります。
この超ミネラル水・神源水と名付けられたミネラルウォーター(清涼飲料水)は、自然界からの贈り物です。

たくさんのご愛用者の多くの方から、元気になれて嬉しいとお喜びの声をいただきます。
お水なのに2リットル1本で10,800円(定価です)と少し高価ですが、1日に大人の方で20〜30cc(目安です)の飲量で、健康維持のためにご飲用でしたら大人1人で約2ヶ月(目安です)分です。

私(店主)は、朝のトイレ後に20〜30cc位をお水で薄めて飲み、ウォーキングに40分位出ます。
若い時から運動は嫌いで、家事は少しやりますが、全く運動らしき事をしたことがありません。

ですが、さすが歳を重ねてきますと疲れが残りますし、生活習慣病も身近になって来ました。
窓から射し込む太陽に恐れをなしていたのですが、帽子を被り(かぶり)、サングラスをして、首にはタオルを巻いて、肌は包んで思い切って出かけます。

近くに市のグラウンドが有り、数人が歩いたり走ったりしています。
やはり足で地面を蹴って汗をかくのは自分への一番のご褒美(ごほうび)です。

この超ミネラル水・神源水は飲んだり、お風呂に入れて美肌効果、髪も喜ぶし、電磁波(でんじは)だらけの室内に噴霧(ふんむ)したり、お顔につけたりととても役立ちます。
飲んで、つけてご利用して病気になりにくい体になります。

私はひどい冷え性でしたが、今は手足もポカポカです。
どんなに医学が進んでもお体の健康はご自分で守る以外ありません。

ミネラル水を飲むと元気になるのは・・

ミネラルは体を作っている元素です。

酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、硫黄(S)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)、カルシウム(Ca)、塩素(Cl)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、フッ素(F)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、ケイ素(Si)、ヒ素(As)、ホウ素(B)、マンガン(Mn)、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、クロム(Cr)、バナジウム(V)、ニッケル(Ni)、カドニウム(Cd)、スズ(Sn)、鉛(Pb)、ストロンチウム(Sr)、ルビジウム(Rb)、アルミニウム(Al)、水銀(Hg)

毒性のあるヒ素や水銀も形成要素になっていることがわかります。
以上の元素は、土壌、岩石に含まれています。

海水にはその全てが含まれています。

商品についてご紹介します

当店は販売当初から扱っている優良店です。

日本国内のみお届けします通販店です。

どうぞご利用ください。

製造元:神源水(株)

超ミネラル水・神源水(2リットル) 80倍濃縮タイプ

超ミネラル水・神源水(2リットル)。元気が欲しい方、健康維持したい方に

飲量・・
 大人1日約20〜30cc(目安です。)。

大人2人で約1ヶ月分(目安です。)。

計量コップ付きです。

定価:10,800円(内税800円、送料・代引き料込み)のところ、特別キャンペーンで初回お買上げのお客様1回限り、2リットル1本につきサンプル用(500ml)2本お付けして8,640円内税640円、送料・代引き料込み)でお出しします。

⇒2回目以降のご購入は、当店「ご愛用者価格」でお買上げいただけます。

サンプル用神源水(500ml)。初回限りお届けのキャンペーン商品です

サンプル用(500ml)です。

中身について神源水(500ml)と同じものです。
計量コップは付属しません。

お飲みになるときは2リットルに付属の計量コップをご利用いただくとしっかり摂りやすいでしょう。

数量は半角数字でご記入ください。
 複数個ご購入ご希望の方、数字は1,2,3,・・と小文字で記入してください。

超ミネラル水・神源水(500ml) 80倍濃縮タイプ

超ミネラル水・神源水(500ml)。元気が欲しい方、健康維持したい方に

飲量・・大人1日約20〜30cc(目安です。)。

大人1人で約14日分(目安です。)。

計量コップ付きです。

定価=2,948円(内税218円)

送料は、1本ご注文のみ別途500円(全国一律)掛かります。

代引き料は、1本ご注文のみ別途315円(全国一律)掛かります。

ご注文2本から送料・代引き料込みの値段となります。
 ⇒(例)2本ご注文の場合5,896円内税436円、送料・代引き料込み)です。

*初回に限り1本から送料・代引き料無料でお出しします!

数量は半角数字でご記入ください。
 複数個ご購入ご希望の方、数字は1,2,3,・・と小文字で記入してください。

超ミネラル水・神源水に含有のミネラル群(80倍濃縮タイプ)

Ca      カルシウムP     リン
Mg(g/l)  マグネシウムK(g/l)  カリウム
Na      ナトリウムSe     セレン
Si      ケイ素Ge     ゲルマニウム
Zn      亜鉛Mn     マンガン
Fe(g/l)  鉄Cu     銅
Co     コバルトNi     ニッケル
Mo     モリブデンLi     リチウム
V      バナジウムW     タングステン
Ti     チタンYu     ヨウ素

毎日に元気が欲しい方、どうぞ!

微量元素ミネラルを含む神源水をどうぞお試しください。