超ミネラル水・しんげんすいの含有するミネラル成分について

神源水に含有のミネラル成分は21種類です!

海はミネラルの宝庫、約数億年間何千メートルの海底にうずもれて出没したミネラルの豊富な岩石から21種類の金属元素(製品ラベルに一部表示)が特殊製法により液状にされております。

従って有機物(ゆうきぶつ)は含まれず、有害な重金属類は検出不可域です。

地球上に約100種類のミネラルが存在すると言われていますが、神源水はその内の重要なミネラル21種類が含まれています。

超ミネラル水・神源水に含有しているミネラル群(80倍濃縮タイプ)

市販の清涼飲料水よりたくさんのミネラル成分を含有しています。

ご参考にしてください。

Ca      カルシウムP     リン
Mg(g/l)  マグネシウムK(g/l)  カリウム
Na      ナトリウムSe     セレン
Si      ケイ素Ge     ゲルマニウム
Zn      亜鉛Mn     マンガン
Fe(g/l)  鉄Cu     銅
Co     コバルトNi     ニッケル
Mo     モリブデンLi     リチウム
V      バナジウムW     タングステン
Ti     チタンYu     ヨウ素

ご利用について・・ご参考にしてください

ご飲用される場合は、いつもご飲用のお水またはお湯などで希釈(薄めて)してご飲用される事をおススメします。

また、お飲みになる以外の水虫などで痒い(かゆい)箇所には神源水(原液)のままでご利用いただいても大丈夫です。

超ミネラル水・神源水は清涼飲料水(ミネラルウォーター)で、食品です。
ご飲用やご飲用以外のご利用による「副作用」はまったくありません。

ご安心してお飲みいただけますし、ご飲用以外でもご利用いただけます。

ミネラル成分豊富な飲料水を飲むと・・

ミネラルは体を作っている元素です。

*酸素(O)、炭素(C)、水素(H)、窒素(N)、リン(P)、硫黄(S)、ナトリウム(Na)、カリウム(K)、マグネシウム(Mg)、カルシウム(Ca)、塩素(Cl)、鉄(Fe)、亜鉛(Zn)、銅(Cu)、フッ素(F)、ヨウ素(I)、セレン(Se)、ケイ素(Si)、ヒ素(As)、ホウ素(B)、マンガン(Mn)、モリブデン(Mo)、コバルト(Co)、クロム(Cr)、バナジウム(V)、ニッケル(Ni)、カドニウム(Cd)、スズ(Sn)、鉛(Pb)、ストロンチウム(Sr)、ルビジウム(Rb)、アルミニウム(Al)、水銀(Hg)

毒性のあるヒ素や水銀も形成要素になっていることがわかります。

以上の元素は、土壌、岩石に含まれています。
海水にはその全てが含まれています。

とても不思議な水(ミネラル水)です・・

神源水(超ミネラル水)はなんだか元気が出ない、疲れやすい、カゼ気味かなと思う時、チョット飲んでみると元気になります。

水(ミネラルウォーター)なのに2リットル1本=10,800円(定価)もして、高価過ぎではないかと思われるかも知れませんが、ご愛飲いただく多くの方から喜んでいただいています。

また、神源水のご愛用者さまからのご要望により作られた「ミネラル入り保湿クリーム」もご好評いただいています。

神源水を入れる事で、皮膚への浸透性を高めお肌の奥深くの角質層まで成分がいきわたり、お肌がツルツルになります。

とにかく元気が欲しい方、どうぞ!

微量元素ミネラルを含む超ミネラル水・神源水をどうぞお試しください。

続けていくうちにお体がわかるでしょう。